インジケータが赤い時のIphone修理

万が一Iphoneが故障した場合でも、購入後一年以内であれば、正規店で保証対象として修理してくれることが一般的です。
しかし水に濡れたことで壊れた場合では、一年保証の対象外になる場合があります。
対象外ですと有償修理になりますから、高額な代金が請求される可能性があります。
そこで、水濡れなどで保証対象外となってしまった場合は、Iphone修理専門ショップに修理を依頼して、修理コストを節約することも有効策です。
また、水濡れの有無は、Iphone内にセットされている液体の侵入インジケータを見ることで判断できます。
正常な時は白色や銀色でありますが、水などの液体がそこに付着しますと、赤く反応するようになっています。
Iphoneの型番によりインジケータの設置個所は違いますが、外部からでも確認できるようになっています。
もしもインジケータが赤く反応しており、修理代金を安くしたい場合は、Iphone修理専門ショップに相談してみても良いでしょう。